リオ・グランデ

Hello!Projectの応援を中心に、映画やアニメなどの感想を綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

劇場版 機動戦士ガンダム 特別版

またまた1週間ぶりの更新。ついつい忘れてしまう。



昨日、劇場版 機動戦士ガンダム 特別版3部作を見る。
この作品は、劇場版3部作を5.1chサラウンド用にリニューアルした特別バージョン。余り良い評判を聞かなかったので、その理由も含めて気になっていた作品。見てみて納得。

今まで慣れ親しんだ効果音との違いにまず戸惑う。特に音が軽い。鋼鉄の塊であるモビルスーツ同士の戦いが、まるでアルミ缶のぶつかり合いの様だ。元の音源も厳密に言えばそれほどリアルではないが、映像にマッチしていて違和感は無い。だが特別番は音のバリエーションに乏しく、メリハリか感じられず迫力もリアリティも感じられない。アフレコも一部を除いてやり直しているらしいが、その点は余り違和感を感じない。効果音の違和感が大き過ぎて掻き消されてしまうからだ。

ストーリーに関しては、アニメ界に金字塔を立てただけあって流石としか言いようが無い。特に2作目の哀・戦士編から3作目のめぐりあい宇宙編の流れが凄まじい。1作目は盛り上がるポイントが散漫で、単なるテレビ作品を継ぎはぎした総集編なのに対して、2作目以降は上手く映像をついで、数々の名シーンまでの盛り上げが上手い。(特にジャブローとビグザムとの戦い)

この特別版でも十分楽しめるが、やはりオリジナル音声版のDVD発売が待たれる作品だ。
スポンサーサイト

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ | コメント:0 |
<<ガンダム劇場版3部作がHDリマスターで再DVD化 | HOME | ブログ開設から1ヶ月少々!!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。