リオ・グランデ

Hello!Projectの応援を中心に、映画やアニメなどの感想を綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新ユニットBuono!

少しハロプロから離れている内に色々動きが。

新ユニットBuono!(ボーノ)結成のお知らせ。

本日(7月21日)開催されているなかよしフェスティバルにて、ハロー!プロジェクトの新ユニット「Buono!」が結成され、2007年秋にアニメ化される「しゅごキャラ!」の主題歌を歌うことが発表になりました!!
Buono!は、嗣永桃子(Berryz工房)夏焼雅(Berryz工房)鈴木愛理(℃-ute)の3人で結成されるユニットになります


このユニットはアニメ主題歌の為のユニットなのでしょうか、それともその後も継続するのでしょうか?この作品限定ユニットなら良いですが、その後も活動を継続するならアニメの主題歌はあまり歓迎できません。

近年アニメのタイアップは不況の音楽業界において注目されています。
しかし多くの場合はタイアップの効果が長続きせず、タイアップの終了と同時に売上げが下がるのが一般です。

なぜならアニメファンが主題歌を買うのはその作品や曲が好きだからであって、歌っている歌手が好きになったから買っている訳では無いからです。

タイアップが終わった後も継続してその歌手の曲を買う人は少数派です。
具体的な例を挙げるとガンダムSEEDの主題歌で売れた人たちが良い例でしょう。

まして、きらりんレボリューションの久住小春のように声の出演もやっているとさらに大変です。テレビ局の縛りにより、他局の歌番組への出演が出来ません。ヒットと言う程では無いにしろ、ハロプロで1番売れているのにテレビ東京以外出演できず、久住の事を子供とハロプロファン以外誰も知らないという珍現象が起きている。

テレビ局は『月島きらり』が売れればそれで成功だが、事務所や久住本人は違う。あくまで『久住小春』を有名にして、アニメの終了後も売り続ける事が重要だ。

アニメのタイアップは手っ取り早く売ることは出来るが、中長期的なビジネスとするには問題点が多い。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

Hello! Project | コメント:0 |
<<超常現象は存在するか? | HOME | ガンダム劇場版3部作がHDリマスターで再DVD化>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。