リオ・グランデ

Hello!Projectの応援を中心に、映画やアニメなどの感想を綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)

機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)の徐々に情報が出て来ていますが本作はどうなのでしょう?前作ガンダムSEEDシリーズは突っ込み所満載のネタアニメとして楽しませてもらいました。

公式サイトやMBSのサイトの

──西暦2307年。

化石燃料は枯渇したが、人類はそれに変わる新たなエネルギーを手に入れていた。3本の巨大な軌道エレベーターと、それに伴う大規模な太陽光発電システム。しかし、このシステムの恩恵を得られるのは、一部の大国とその同盟国だけだった。
3つの軌道エレベーターを所有する3つの超大国群。アメリカ合衆国を中心とした『ユニオン』。中国、ロシア、インドを中心とした『人類革命連盟』。ヨーロッパを中心とした『AEU』。各超大国家群は己の威信と繁栄のため、大いなるゼロサム・ゲームを続ける。そう、24世紀になっても、人類は未だ一つになりきれずにいたのだ……。
そんな終わりのない戦いの世界で、「武力による戦争の根絶」を掲げる私設武装組織が現れる。モビルスーツ「ガンダム」を所有する彼らの名は、ソレスタルビーイング。

ガンダムによる全戦争行為への武力介入がはじまる。


を読む限り作中のガンダムの位置付けはガンダムW的な感じなのかな。
キャラクターの名前や粗筋を読む限りSEEDの流れも感じるのでかなり不安。

化石燃料は枯渇したが、人類はそれに変わる新たなエネルギーを手に入れていた。3本の巨大な軌道エレベーターと、それに伴う大規模な太陽光発電システム。しかし、このシステムの恩恵を得られるのは、一部の大国とその同盟国だけだった。


これなんか読むと「ナンダカナー」という感じ。化石燃料ならば奪い合うのも分かるが、太陽光発電ならば規模の差こそあれどの国でも出来るし、その他のバイオマスや風力、地熱、海洋温度差発電、潮流発電などの自然エネルギーを使った発電と組み合わせれば、ある程度エネルギー問題は解決すると思う。省エネも進むだろうし。だから化石燃料以外のエネルギーでは地域紛争は起きても、地球規模の戦争をする事はないと思う。

そんな終わりのない戦いの世界で、「武力による戦争の根絶」を掲げる私設武装組織が現れる。モビルスーツ「ガンダム」を所有する彼らの名は、ソレスタルビーイング。


私設ってwww
基本的に小規模グループではテロを起こしたり戦術レベルでの勝利は出来ても、大局を変えることは出来ない。大局を変える様な戦略レベルの行動が取れるような規模の私設組織なら拡大する前に察知されて潰されると思うし。設定に無理がありすぎ。この設定を考えた人はどういうつもりで考えたんだろう?SEEDもそうだったけど、一握りのヒーロー達の活躍によって世界が動くと言う内容に違和感を感じるな。元々ガンダムは従来のロボットヒーローと異なり主人公達の活躍が局地的なものでしかなく、大局にはあまり影響を与えないと言う所が、他の作品との相違点であり革新的だった所なんだけどな。


スポンサーサイト

テーマ:機動戦士 ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ | コメント:0 |
<<CDデビューの余波 | HOME | 昨日の続き>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。